ヴィルヘルム・フォン・フンボルトの名言

ヴィルヘルム・フォン・フンボルトのプロフィール

ヴィルヘルム・フォン・フンボルト

ヴィルヘルム・フォン・フンボルト(Wilhelm von Humboldt/1767年6月22日-1835年4月8日/男性)は、ドイツの言語学者政治家。弟は博物学者・地理学者のアレクサンダー・フォン・フンボルト。ヨーロッパの知識人にバスク語を普及させるなど言語学に大きな貢献を残した人物であり、フンボルト大学(ベルリン大学)の創設者としても知られる。その他にプロイセン王国政府の外交官としても活躍した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作(邦訳題)に『言語と人間』『双数について』『人間形成と言語』『言語と精神 カヴィ語研究序説』などがある。

ヴィルヘルム・フォン・フンボルトの名言集

働くことは
食べることや
眠ることよりも

人間に必要な
ことである。

人間が幸せか不幸かは
人生に起きる出来事を
その人がどう捉えるかであり

起きた出来事自体は
それほど関係はない。

たいていの人々は
運命に過度の
要求をすることによって

自ら不満の種を
つくっている。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る