ハインリヒ・ハイネの名言

ハインリヒ・ハイネのプロフィール

ハインリヒ・ハイネ

クリスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine/1797年12月13日-1856年2月17日/男性)は、ドイツの詩人作家ジャーナリスト。ゲッティンゲン大学卒業後、商人や法律家を目指していたがA・W・シュレーゲルやヘーゲルの教えを受け作家に転向。抒情詩をはじめ、紀行文や文学評論、政治批評を発表。平易な表現を用いたハイネの詩には、多くの作曲者から曲がつけられており、現在でも多くの人々に親しまれている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書・作品

主な著書・作品に『詩集』『叙情間奏曲付き悲劇』『旅の絵』『ハルツ紀行』『イギリス断章』『歌の本』『フランスの現状』『ドイツ近代文学の歴史のために』『ロマン派』『タンホイザー伝説』『サロン』『ルートヴィヒ・ベルネ覚書』『新詩集』『ドイツ冬物語』『アッタ・トロル』『ロマンツェーロ』『ファウスト博士』『流刑の神々』『ルテーチア』『雑文』などがある。

ハインリヒ・ハイネの名言集

偉大になればなるほど
非難の矢に当たりやすくなる。

人間を照らす
唯一のランプは理性であり

闇夜を導く
唯一の杖は良心である。

恋に狂うとは
ことばが重複している。
恋とはすでに狂気なのだ。

矢が弓の弦から離れるや否や
その矢は射手のものではない。

言葉は唇から離れるや否や
ましてや、それが
何枚にも印刷された後は

もはや話し手の
自由にはならない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る