ジョルジュ・サンドの名言

ジョルジュ・サンドのプロフィール

ジョルジュ・サンド

ジョルジュ・サンド(George Sand/1804年7月1日-1876年6月8日/女性)は、フェミニストとしても知られるフランスの女流作家。本名はアマンディーヌ=オーロール=リュシール・デュパン(Amandine-Aurore-Lucile Dupin)。1831年にジュール・サンドー(Jules Sandeau)との合作で処女作『Rose et Blanche(薔薇色の雲)』を発表し、翌年に発表した『Indiana(アンディアナ)』で注目を集める。1840年代に入ると政治志向を強め、アラゴ、カール・マルクス、ミハイル・バクーニンなどの政治思想家・活動家と交流。女性権利拡張運動を主張するとともに文学作品の発表を続け、ヴィクトル・ユーゴー、フローベール、テオフィル・ゴーティエなど多くの文学者と交友した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

主な作品に『薔薇色の雲(Rose et Blanche)』『アンディアナ(Indiana)』『レリア(Lelia)』『モープラ(Mauprat)』『フランス遍歴の職人(Le compagnon du tour de France)』『オラース(Horace)』『マジョルカの冬(Un hiver a Majorque)』『コンスエロ(Consuelo)』『魔の沼(La mare au diable)』『ルクレツィア・フロリアーニ(Lucrezia Floriani)』『孤児フランソワ(Francois le Champi)』『愛の妖精(La petite Fadette)』『笛師の群れ(Les maitres sonneurs)』『わが生涯の歴史(Histoire de ma vie)』『彼女と彼(Elle et Lui)』などがある。

ジョルジュ・サンドの名言集

愛しなさい。
人生で良いものは
それだけなのですから。

人生をあるがままに
生きよう。

そして、感謝を
忘れないように。

陽気でいよう。
それが肉体と精神にとって
最高の健康法になる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る