茶人の名言 一覧

茶道とは?

茶道
書籍一覧

茶道(さどう、ちゃどう / 英語:Japanese tea ceremony)とは、湯を沸かし、茶をたて、茶を振る舞う行為であり、一般的にはそれを基本とした様式と芸道を指す言葉。茶道具や床の間にかける掛け物なども全体を構成する重要な要素として扱われ、茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされている。また、一般的には「抹茶」が用いられるが、煎茶を用いる煎茶道(せんちゃどう)も広義では茶道に含まれる。ちなみに、英語では「茶の儀式」という意味で「Japanese tea ceremony」と表記されている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

茶人 一覧

さ行

千 宗室(15代)(せん げんしつ)
茶道裏千家前家元15代汎叟宗室
千利休(せんのりきゅう)
「茶聖」と称される戦国時代~安土桃山時代の茶人

ら行

ルー大柴(-おおしば)
茶人としての一面でも知られる俳優、お笑いタレント

さ行

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る