アール・ウッズの名言

アール・ウッズのプロフィール

アール・ウッズ

アール・ウッズ(Earl Woods/1932年3月5日-2006年5月3日/男性)は、アメリカ・カンザス州出身の元軍人。プロゴルファー「タイガー・ウッズ」(Tiger Woods)の父親として知られる人物であり、特殊部隊グリーンベレーの一員として2度ベトナム戦争に従軍。アメリカ本土へ帰還後、軍で後進の教育に就いていたときにゴルフを始め、退役後はマクダネル・ダグラス社に勤務しながら、タイガーの教育に力を注いだ。1996年にタイガーと「タイガー・ウッズ財団」を設立し、タイガー・ウッズ・ゴルフ教育センターの建設に関わった。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(共著含む/邦訳題)に『タイガー・ウッズへの道 最後までやりとげる/講談社』『さあ始めよう、きっと何かが変わるはず タイガー・ウッズを育てた魔法の言葉/PHP研究所』『Training a tiger タイガー・ウッズ父子のゴルフ&教育革命/小学館』などがある。

アール・ウッズの名言集

どんな結果でも
いいじゃないか。

どんなときでも
お前を心底、愛しているよ。

(タイガー・ウッズへの言葉)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る