中村勝宏の名言

中村勝宏のプロフィール

中村勝宏

中村勝宏(なかむら かつひろ/1944年-/男性)は、鹿児島県阿久根市波留出身の料理人。祖父は医学博士・代議士の中村静興。日本人として初めてミシュランの一つ星を獲得した人物であり、日本ホテル取締役統括名誉料理長、ホテルメトロポリタンエドモント名誉総料理長、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ総料理長などを歴任。2008年に行われた北海道洞爺湖サミットでは総料理長も務めた。1962年鹿児島県立阿久根高等学校卒業後、箱根ホテル小涌園や横浜プリンスホテルなど国内ホテルを経て、1970年に渡欧。スイスのホテル・アスコットやフレンスのルレ・ガストロノミック、オー・ザルム・ド・フランス、ロアジス、ラ・マレー、ローラン、ラセール、トロワグロなどで約15年間修行を積む。パリのル・ブールドネ時代の1979年には日本人として初のミシュラン1つ星を獲得した。1984年に帰国し、ホテルエドモントのレストラン部門統括料理長に就任。その後、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパなどでも総料理長として指揮をとり、2013年に日本ホテル取締役統括名誉料理長に就任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書(共著・監修書含む)に『中村勝宏シェフのこども味覚教室シリーズ/ほるぷ出版』『新・世界三大料理 和食はなぜ世界料理たりうるのか/PHP研究所』『ポワルの微笑み わがパリ料理修業記/講談社』『フォンとソース/柴田書店』『フランスの地方料理/柴田書店』『フランス料理技術教本/柴田書店』『中村勝宏の酒の肴83 ワインから日本酒、焼酎まで合わせて/柴田書店』『テリーヌとパテ 教則本/旭屋出版』『じゃがいも料理大全/旭屋出版』『フォーグレインで考える 私のフランス料理/中央公論社』『キノコ料理/婦人画報社』『オマール海老大全/旭屋出版』などがある。

中村勝宏の名言集

どんな仕事もそうですけど
伸びるか伸びないかは
本人の情熱いかんに
比例しますね。

一番大事なことは
自分の仕事を
好きになることですよ。

夢を持つのは簡単だけど
それを実現するには
普通にやっていても
駄目ですよ。

(夢を目指す)過程で
厳しいとか苦しい
と言う人がいるけど

過程で苦労と思ったら
その人はそれでストップ。
進化しません。

本当に上を
目指している人というのは

はたから見たら
凄い努力をしているように
見えるけど

本人は苦労だなんて
少しも思ってないんですよ。

まっしぐらに
上を見ているから。

器用でチヤホヤされる
若者は意外と長続きしない。

反対に何となく鈍だな
と思うけど本人は一生懸命。

自分は仕事が遅いし
物覚えも悪いと自覚しながら
コツコツコツコツやる。

これが三年、五年経って
気づいた時には
すごい実力を
備えているんです。

僕が思うに
本物のプロというのは

人が見ていないところで
いかに自分自身と
闘争しているかですよ。

自分自身と葛藤しながら
向上心を燃やし続ける。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る