神近義邦の名言

神近義邦のプロフィール

神近義邦

神近義邦(かみちか よしくに/1942年8月21日-/男性)は、長崎県西海市西彼町出身の実業家。ハウステンボスの創業者として知られる人物。長崎県立西彼農業高等学校を卒業後、1962年に西彼町役場へ就職。役場では農業指導などを手掛け、退職後に東京永田町の料亭「一條」の経営再建に手腕を発揮。ベアリング・モーター企業のミネベアグループで働きながら、オランダをテーマにしたテーマパークの計画を構想し、1983年に長崎オランダ村(ハウステンボスの原型)をオープン。順調に観光客を集め発展させたものの、国道202号線以外アクセスがなかったオランダ村は交通渋滞の面で問題となり、長崎県側から計画途中で止まっていた針尾工業団地の土地利用を持ちかけられる。オランダ本国からの助言指導も取り入れた上で1992年にハウステンボスをオープン。九州を代表するテーマパークとして人気を集めたほか、オランダを再現したその街並みはドラマ・映画・CMなどのロケ地として使われることも多い。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『ハウステンボスの挑戦/講談社』などがある。

神近義邦の名言集

万事困難は
己の心中にあり。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る