太田和彦の名言

太田和彦のプロフィール

太田和彦

太田和彦(おおた かずひこ/1946年3月3日-/男性)は、長野県松本市出身(生まれは中国北京)のグラフィックデザイナーエッセイスト。1968年東京教育大学(後の筑波大学)教育学部芸術学科を卒業後、資生堂に入社しデザイナーとして宣伝制作室に勤務。アートディレクターなどを務めた後、1989年に「アマゾンデザイン」を設立し独立。グラフィックデザイナーとして活躍する一方で居酒屋探訪家としても知られ、日本各地の居酒屋を探訪し研究会を発足。居酒屋やお酒に関する著書も多数発表している。東北芸術工科大学教授なども務めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

著書

主な著書に『ふらり旅 いい酒 いい肴シリーズ/主婦の友社』『居酒屋を極める/新潮社』『居酒屋吟月の物語/日本経済新聞出版社』『居酒屋百名山/新潮社』『今宵もウイスキー/新潮社』『みんな酒場で大きくなった 居酒屋対談集/京阪神エルマガジン社』『居酒屋おくのほそ道/文藝春秋』『ひとり飲む、京都/マガジンハウス』『自選ニッポン居酒屋放浪記/新潮社』『京都、なじみのカウンターで/淡交社』『太田和彦のニッポンぶらり旅シリーズ/毎日新聞出版』『太田和彦の今夜は家呑み/新潮社』『ひとり旅ひとり酒/京阪神Lマガジン』『男と女の居酒屋作法/角川書店』などがある。

太田和彦の名言集

妻が三十分
黙っているのは怖い。

意味はなくても
言葉を交わすのは
安心の基礎だ。

あれこれを一時停止した
無念無想の境地こそ

本当に大切な
時間かもしれない。

店は空いているよりも
ある程度混んでいる方が
落ち着く。

群衆の中の孤独を
楽しめるのが都会だ。

若い時は
明日をどうするか
将来への備えはと
未来に気持があった。

しかしある年齢になると
昔を思い出す方が多くなった。
思い出す過去ができたのだ。

盃を重ねるうちに
自分の人生を肯定する
気持になってくる。

誰しも死ぬときに
自分の人生は失敗だった
とは思いたくない。

今の酒を大切に
味わうことこそ大切だ。

居酒屋は
自分の人生を
肯定する場所。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る