草柳大蔵の名言

草柳大蔵のプロフィール

草柳大蔵

草柳大蔵(くさやなぎ だいぞう/1924年7月18日-2002年7月22日/男性)は、神奈川県横浜市出身のジャーナリスト著述家評論家。妻は石川あき(きもの研究家)、長女は草柳文恵(テレビキャスター)。1948年に東京大学法学部政治学科を卒業後、八雲書店編集者や自由国民社編集者、産経新聞記者などを経て1952年より大宅壮一(ジャーナリスト・社会評論家)に師事。1956年には『週刊新潮』の創刊に加わったほか、1958年には『女性自身』の創刊にも参画。週刊誌の草創期に「草柳グループ」を率い活躍。1962年に『芸術生活』の「山河に芸術ありて」の連載より、評論家としての評論活動も始め、1966年には『文藝春秋』連載の「現代王国論」で文藝春秋読者賞を受賞。内外調査会理事、NHK経営委員、静岡県人づくり百年の計委員会の会長などを歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書に『絶筆 日本人への遺言/海竜社』『生命を燃やしております/TBSブリタニカ』『午前8時のメッセージ/静岡新聞社』『花のある人花になる人/グラフ社』『ひとは生きてきたようにしか死なない/保健同人社』『知の荒野に立たぬために/海竜社』『継続は力なり 人生を本音で生きた女校長の記録/大和書房』『昭和天皇と秋刀魚/中央公論社』『日本人はこんなとき燃える/青春出版社』『水は深く掘れ 自分と日本を考える/佼成出版社』『花で語る人生論/ダイワアート』『愛のはじめと終りに/大和書房』『なぜなしに薔薇は咲く/主婦の友社』『現代社会の病理/現代研究会』『美しき女への条件/主婦の友社』『愛が生まれるとき/大和書房』『山河に芸術ありて 伝統の美のふるさと/講談社』など多数。

草柳大蔵の名言集

君の花は
いま君がいる
そこに咲くのだよ。

優れたライターほど
データを捨てる技術に
長けている。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る