松永安左エ門の名言

松永安左エ門のプロフィール

松永安左エ門

松永安左エ門/松永安左衞門(まつなが やすざえもん/1875年12月1日-1971年6月16日/男性)は、長崎県壱岐出身の実業家政治家。「電力王」「電力の鬼」と称された財界人であり、西部合同ガス(後の西部ガス)初代社長や中部共同火力社長、東邦電力社長などを務めた人物。また美術コレクターや茶人としても知られており、耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人。1917年から1920年にかけて衆議院議員も務めた。博多商業会議所会頭、日本電気協会会長、電気事業再編成審議会会長、電力中央研究所理事長なども歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

松永安左エ門の名言集

小さな妥協は
小さな人物でもできるが

大きな妥協は
大きな人物に
ならなければできない。

同じ物でも
考え方ひとつ。

やるやつは
やるように考えるし

へこたれるやつは
へこたれる方へ考えてしまう。

人間の値打ちを
人間が決めるとは
何ごとか!

意気地さえあれば
失敗などということは
人生にない。

ひとつの力を養ったら
二の欲を出せ。

二の力を得たら
三の欲を出せ。

人間は決して
小成に甘んじてはならない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る