舞の海秀平の名言

舞の海秀平のプロフィール

舞の海秀平

舞の海秀平(まいのうみ しゅうへい/1968年2月17日-/男性)は、青森県西津軽郡出身の元大相撲力士、スポーツ解説者タレント。本名は長尾 秀平(ながお しゅうへい)。小柄な体格ながら華麗な技を駆使し活躍した力士であり、「平成の牛若丸」「技のデパート」の異名で親しまれた。最高位は東小結。現役引退後はスポーツ解説者、タレントとして活躍するようになり、TV番組をはじめ、多くのメディアに出演している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書(共著含む)に『なぜ、日本人は横綱になれないのか/ワック』『天皇陛下と大相撲 勝って驕るな、負けて僻むな/明成社』『勝負脳の磨き方 小よく大を制す!/育鵬社,扶桑社』『先生教えて!体育のギモン/あかね書房』『土俵の矛盾 大相撲混沌の中の真実/実業之日本社』『はじめての大相撲/岩崎書店』『土俵の学校 フォト対談集/近代映画社』などがある。

舞の海秀平の名言集

勝って驕るな
負けてひがむな。

負けたのは
自分の努力が
足りなかっただけだ。

自分に勝った相手に
拍手を送る気持ちがないと
強くなれない。

人間というのは
いつ死ぬか分からない。

自分が本当にやりたいことに
挑戦すべきだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る