ギュンター・グラスの名言

ギュンター・グラスのプロフィール

ギュンター・グラス

ギュンター・グラス(Gunter Wilhelm Grass/1927年10月16日-2015年4月13日/男性)は、ドイツの小説家劇作家彫刻家(生まれは自由都市ダンツィヒ/現在のポーランド)。15歳で労働奉仕団・空軍補助兵、17歳で武装親衛隊に入隊し、敗戦は石工・彫刻家として働きながら美術学校に通う。詩や戯曲なども手掛け、1959年には長編小説『ブリキの太鼓』で一躍注目を集める。非現実的な奇怪さを描く一方で、詳細なデータに裏付けられた高い現実性同居させるその作風は、作品の発表ごとに物議をかもした。1999年にノーベル文学賞を受賞。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

主な作品(邦訳題)に『ブリキの太鼓/1959年』『猫と鼠/1961年』『犬の年/1963年』『局部麻酔をかけられて/1969年』『蝸牛の日記から/1972年』『ひらめ/1979年』『女ねずみ/1986年』『鈴蛙の呼び声/1992年』『はてしなき荒野/1995年』『私の一世紀/1999年』『蟹の横歩き/2002年』『玉ねぎの皮をむきながら/2006年』『箱型カメラ/2008年』などがある。

ギュンター・グラスの名言集

子供はだれもが
偉大な嘘つきだ。

私が幸運だったのは
母が私の嘘を
愛してくれたことだ。

私は母と
夢のような約束を
たくさんした。

人間は
いろんなことができた。

しかし、ただ寛容にだけは
なれなかった。

ユーモアは
ある種の温かさの
代用になる。

私は森に行くと
いつも驚かされる。

そこには私の空想などを超えた
大いなるファンタジーが
広がっている。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る