フェデリコ・フェリーニの名言

フェデリコ・フェリーニのプロフィール

フェデリコ・フェリーニ

フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini/1920年1月20日-1993年10月31日/男性)は、イタリア・リミニ出身の映画監督脚本家。新聞社勤務やラジオドラマの原稿執筆などを経て、映画『無防備都市』のシナリオ制作に参加し、1950年に『寄席の脚光』でアルベルト・ラットゥアーダと共同監督で監督デビュー。1953年に公開した『青春群像』がヒットし注目を集める。1954年には『道』が世界的なヒット作となり、国際的な地位を確立。その後も『カビリアの夜』『甘い生活』『8 1/2』など多くの作品で高い評価を獲得し、アカデミー賞特別名誉賞と4度のアカデミー賞を受賞。「映像の魔術師」とも称された。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

主な作品に『寄席の脚光/1950年』『青春群像/1953年』『道/1954年』『カビリアの夜/1957年』『甘い生活/1959年』『8 1/2(はっかにぶんのいち)/1963年』『魂のジュリエッタ/1964年』『サテリコン/1969年』『フェリーニのアマルコルド/1973年』『カサノバ/1976年』『女の都/1980年』『ジンジャーとフレッド/1985年』『インテルビスタ/1987年』『ボイス・オブ・ムーン/1990年』などがある。

フェデリコ・フェリーニの名言集

始まりと思うのも自分。
もう終わりだと思うのも自分。

人生は祭りだ。
一緒に楽しもう。

どんな物でも
何かの役に立っている。

この石ころだって
空の星だって。
君もそうなんだ。

終わりというものはない。
始まりというものもない。

人生には
無限の情熱があるだけだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る