占部賢志の名言

占部賢志のプロフィール

占部賢志

占部 賢志(うらべ けんし/1950年-/男性)は、福岡県出身の教育者。高校教諭を経て中村学園大学教育学部教授に就任。教職業のかたわら、NPO法人アジア太平洋こども会議イン福岡「世界にはばたく日本のこども大使育成塾」塾長、古典輪読会「太宰府斯道塾」塾長、一般財団法人日本教育推進財団顧問なども務めている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『私の日本史教室 甦る歴史のいのち/明成社』『子供に読み聞かせたい日本人の物語/致知出版社』『歴史の「いのち」 時空を超えて甦る日本人の物語/広池学園出版部』『語り継ぎたい美しい日本人の物語/致知出版社』などがある。

占部賢志の名言集

高校であれば
自転車の駐輪場を見るのが
一番です。

整然と並んでいれば
教育の行き届いたよい学校
といってよいでしょう。

偏差値が高い学校でも
駐輪場が乱れていれば
教育の質が劣化した学校です。

生徒も教師も
事務職員も
心が乱れているのです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る