カール・セーガンの名言

カール・セーガンのプロフィール

カール・セーガン

カール・エドワード・セーガン(Carl Edward Sagan/1934年11月9日-1996年12月20日/男性)は、アメリカ・ニューヨーク州出身の天文学者SF作家著述家。人間が居住可能になるように他惑星の環境を変化させる「テラ・フォーミング」や核戦争によって環境変動が起き氷河期が発生するという「核の冬」、宇宙の歴史を1年尺度に置き換えた「宇宙カレンダー」などの持論で知られる人物。惑星協会の設立に尽力し、NASAの惑星探査指導も行ったほか、科学啓蒙書やSF小説の執筆も手掛けた。コーネル大学教授、コーネル大学大学惑星研究所所長などを歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書に『宇宙との連帯/河出書房新社』『エデンの恐竜/秀潤社』『Cosmos/朝日新聞社』『太陽系とはどんな宇宙か/日経サイエンス』『コンタクト/新潮社』『サイエンス・アドベンチャー/新潮社』『惑星へ/朝日新聞社』『カール・セーガン 科学と悪霊を語る/新潮社』『百億の星と千億の生命/新潮社』など多数。

カール・セーガンの名言集

どこかで
驚くべき何かが

あなたに見つけられるのを
待っている。

地球は壮大な宇宙の
アリーナの中の
小さな舞台だ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る