鳥井信治郎の名言

鳥井信治郎のプロフィール

鳥井信治郎

鳥井信治郎(とりい しんじろう/1879年1月30日-1962年2月20日/男性)は、大阪出身の実業家。洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売会社「サントリー」の創業者。本場スペイン産のブドウ酒が「酸っぱい」と敬遠されていた時代に「日本人の口に合うブドウ酒を作ったる」と情熱を注ぎこみ、大正後期には「赤玉ポートワイン」で国内ワイン市場の60%を占める。1929年には初の国産ウイスキーを発売するなど、日本のウィスキー市場の開拓に貢献し「ウィスキーの父」とも称されている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

鳥井信治郎の名言集

どんな酒かて
寝かせれば

ええ味に変わるかも
わからん。

なんでもやってみなはれ
やらなわからしまへんで。

いくら広告しても
かんじんの商品が
上等のものでなかったら
あきまへん。

まずとび切り
ええもんをつくるこっちゃ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る