マティルダ・ヨハンセンの名言

マティルダ・ヨハンセンのプロフィール

人生で学んだ一番大切なこと

「マティルダ・ヨハンセン」は、「人生で学んだ一番大切なこと。」(著:ウェンディ・ラストベーダー)の登場人物。同書の紹介時の言葉は、101歳の時のもの。

マティルダ・ヨハンセンの名言集

もうこんなおばあさんに
なってしまったけど、
私はずっと
本を書けるはずだと思っていたの。

毎年自分に「来年こそは本を書くわ」
って言い聞かせてきたのよ。
こうして1年1年が過ぎていったの。

毎年次の年こそは書き始める
って思ったんだけど、
結局、書かず仕舞い。
1世紀も生きてきたのに。

本を書きたいと思ったら、
すぐに座って書き始めたほうがいいわ。
時間があるとかないとかの問題じゃないの。

本当にやりたいことがあったら、
やるべきなのよ。

ほかのことをさいておいてでも
やるべきだわ。

用事ばかりに
気を取られていてはだめ。

今は関節炎で手が思うように動かず、
目だって自分の鼻先までしがみえない。

ほらね。今は時間があるけど、
もう書けないのよ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る