Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)の名言 | 地球の名言

L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)の名言

L・M・モンゴメリのプロフィール

L・M・モンゴメリ

ルーシー・モード・モンゴメリ(Lucy Maud Montgomery/1874年11月30日-1942年4月24日/女性)は、カナダの小説家。『赤毛のアン』の作者として知られる人物であり、その生涯で『赤毛のアン』シリーズを含め、20冊の小説と短編集を残した。1908年に発表された『赤毛のアン』は、日本では1952年に村岡花子によって翻訳・紹介され、特に少女たちの間で熱狂的な支持を受ける。後に中学校の教科書に収録されたほか、1979年には世界名作劇場シリーズでテレビアニメ化。モンゴメリの生地であるカナダ東部のプリンス・エドワード島は観光名所にもなっている。大英帝国勲位などを授章。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

主な作品(『赤毛のアン』シリーズ)に『赤毛のアン/Anne of Green Gables』『アンの青春/Anne of Avonlea』『アンの愛情/Anne of the Island』『アンの幸福/Anne of Windy Willows,Anne of Windy Poplars』『アンの夢の家/Anne’s House of Dreams』『炉辺荘のアン/Anne of Ingleside』『虹の谷のアン/Rainbow Valley』『アンの娘リラ/Rilla of Ingleside』『アンの友達/Chronicles of Avonlea』『アンをめぐる人々/Further Chronicles of Avonlea 』などがある。

L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)の名言集

私はここで生きることに
最善をつくすわ。

そうすれば、いつかきっと
最大の収穫が
自分にかえってくると思うの。

こんな日に生きていられて
よかったと思わない?

まだ生まれていなくて
今日という日を
知らない人って気の毒ね。

なにかを待つって
その楽しさの
半分にあたるわ。

一生懸命やって
勝つことの
次にいいことは

一生懸命やって
負けること。

私の未来はまっすぐな
一本道のように
目の前に伸びていたの。

人生の節目節目と
なるような出来事も
道に沿って
一里塚のように見渡せたわ。

でも、今
曲がり角に来たのよ。

曲がった向こうに
何があるか分からないけど

きっと素晴らしい世界がある
って信じているわ。

どうせ空想するなら
思いきり素晴らしい想像に
した方がいいでしょう?

人生は広くもなれば
狭くもなる。

それは、人生から
何を得るかではなく

人生に何をそそぎ込むか
にかかっている。

足し算や引き算じゃ
あるまいし

血と肉でできてる人間は
算術のようにゃ
いかないものさ。

決めたということは
行動するということ。

この世の中に
こんなに好きなものが
たくさんあるって
すてきじゃない?

まだまだ発見することが
たくさんあるって
すてきだと思わない?

もし、何もかも
知っている事ばかりだったら
面白さが半分になっちゃうわ。

なんて素晴らしい日でしょう。
こんな日に生きている
というだけで
しあわせじゃないこと?

こんなに面白い
世の中に生きているのに

いつまでも悲しんでなんか
いられないわ。

夜が明けると
朝がいちばんすてき
だと思うんだけど

日が暮れると
夕方のほうが
きれいに思えるの

自分の失敗を笑い
そしてそこより学べ。

自分の苦労を笑い草にしつつ
それから勇気をかきあつめよ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る