ベルトルト・ブレヒトの名言

ベルトルト・ブレヒトのプロフィール

ベルトルト・ブレヒト

ベルトルト・ブレヒト(Bertolt Brecht/1898年2月10日-1956年8月14日/男性)は、ドイツ・アウクスブルク出身の劇作家詩人演出家。本名はオイゲン・ベルトルト・フリードリヒ・ブレヒト(Eugen Berthold Friedrich Brecht)。1917年にミュンヘン大学哲学部に入学し、文学・音楽・舞台芸術に没頭するようになる。1919年にスパルタクス団(急進主義的なマルクス主義者らによる政治団体)による蜂起が起こり、この事件を題材に戯曲『スパルタクス』を執筆。これが後に『夜うつ太鼓』となり、1922年に上演され一躍脚光を浴びる。1926年頃から詩集も発表するようになり、詩人としても評価を獲得。第二次大戦中は亡命生活を送り、戦後に東ドイツに戻りベルリーナー・アンサンブル劇団(Berliner Ensemble)を設立。亡くなるまでベルリーナー・アンサンブル劇団を拠点に活動を行った。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

主な作品に『夜うつ太鼓/1919年』『三文オペラ/1928年』『リンドバークの飛行/1928年』『イエスマン、ノーマン/1929年-1930年』『まる頭ととんがり頭/1932年』『七つの大罪/1933年』『肝っ玉お母とその子供たち/1939年』『セツァンの善人/1939年』『ガリレイの生涯/1939年』『アルトロ・ウィの抑え得た興隆/1941年』『コーカサスの白墨の輪/1944年』『コリオレイナス/1951年』『トゥーランドット/1953年』などがある。

ベルトルト・ブレヒトの名言集

まず食うこと。
それから道徳。

死ぬことを
恐れてはいけない。

本当に恐れるべきなのは
人生を精一杯
生き抜かないことである。

自分の限界を認めることで
はじめてその限界を
超えることができる。

もし何かを求めるなら
それを手に入れるために

すべてを賭ける
勇気を持ちなさい。

英雄のいない時代は
確かに不幸だ。

しかし英雄を必要とする時代が
もっと不幸なのを
忘れてはいけない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る