宮本洋一の名言

宮本洋一のプロフィール

NO-IMAGE

宮本洋一(みやもと よういち/1947年5月16日-/男性)は、清水建設の社長を務めたことで知られる実業家。生まれは静岡県(4歳からは東京で育つ)。1966年東京大学工学部建築学科を卒業後、清水建設へ入社。現場からのたたき上げの所長の下で鍛えられ、建築本部長、名古屋副支店長、東京副支店長、北陸支店長、九州支店長、常務執行役員、専務執行役員などを経て、2007年に同社取締役社長に就任。日本国際フォーラム顧問、日本建設業連合会副会長などを歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

宮本洋一の名言集

建設現場では
「段取り八分」と
よく言われている。

準備、段取りさえ
きちんとできていれば
その仕事は八割は
完結したようなもの。

段取りの大切さ
それを疎かにした時に
失うものの大きさを
私は身をもって学んだ。

人間は失敗したり
上手くいかなかったことほど
よく覚えているし

その経験が人を一段階
上へ上へと押し上げる
原動力になる。

様々なことに挑戦して
跳ね返されて
また向かっていく。

そういうことを繰り返す中で
人間は大きくなるのだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る