ジャン・コクトーの名言

ジャン・コクトーのプロフィール

ジャン・コクトー

ジャン・コクトー(Jean Cocteau/1889年7月5日-1963年10月11日/男性)は、フランス・メゾン=ラフィット出身の詩人小説家劇作家画家映画監督脚本家としても活動するなど多彩なジャンルで活躍した人物(本人は詩人と呼ばれることを望んでいた模様)。またニジンスキー(バレエダンサー)やココ・シャネル(ファッションデザイナー)、ストラヴィンスキー(作曲家)、モディリアーニ(画家・彫刻家)、ピカソ(画家・彫刻家)など幅広い交友関係でも知られる。ちなみにフランスのブランド「カルティエ」の三連リングは彼のデザインと言われている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

作品

主な詩集に『アラジンのランプ』『浮かれ王子』『ソフォクレスの踊り』『ピカソへの頌歌』『喜望峰』『寄港地』『ポエジー』『用語集』『フランソワの薔薇』『平調曲』『天使ウルトビーズ』『オペラ』『神話』『謎』『寓意』『レオーヌ』『はりつけ』『数字7』『幽明抄』『パラプロゾディ』『不死鳥のスペイン風儀典書』『鎮魂歌』などがある。

ジャン・コクトーの名言集

(「死んだら地獄と極楽のとちらに行きたいか?」と意地悪な記者に聞かれて)

どっちでもいいさ。
そのどちらにも
会いたい友人がいるのでね。

誰の中にも
天使が住んでいる。

我々は天使の保護者で
なければいけないんだ。

正しいか正しくないかが
生き方の基準ではない。
それは美しいかどうかなんだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る