高橋智隆の名言

高橋智隆のプロフィール

高橋智隆

高橋智隆(たかはし ともたか/1975年3月27日-/男性)は、大阪府出身のロボットクリエーター。株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長。1998年に立命館大学産業社会学部を卒業したが、子供の頃からの夢であったロボット作りが忘れられず、京都大学工学部に再入学。在学中に2足歩行ロボットを開発。京大ベンチャーインキュベーションの第一号として個人事務所「ロボ・ガレージ」を創業。2004年にはアメリカのタイム誌で「最もクールな発明」として代表作「クロイノ」が取り上げられたほか、同じくアメリカのポピュラーサイエンス誌では「未来を変える33人」の一人にも選ばれた。ロボット制作のほか、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授、大阪電気通信大学総合情報学部メディアコンピュータシステム学科客員教授、福山大学工学部電子ロボット科客員教授なども務めている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+THE21/PHP研究所)

著書

主な著書に『ロボットの天才/メディアファクトリー』『史上最強のロボット/メディアファクトリー(柳田理科雄との共著)』などがある。

高橋智隆の名言集

ポリシーは
「自分自身が欲しい
ロボットを作る」こと。

私がおじいちゃんに
喜んでもらえるロボットを
作ろうとしたり

女子高生にバカ売れする
ロボットを作ろうとしても
確実に失敗します。

必ずトンチンカンな
ロボットを作り
誰もハッピーになれない。

それよりも自分自身の
感性を基準に
面白いと思える仕事をする。

ニーズなんかなくても
面白いアイデアさえあれば

社会に浸透し
後に何かしらの
用途が生まれる。

自然な動きにするには
無駄な動きが必要。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る