桂歌丸の名言

桂歌丸のプロフィール

桂歌丸

桂歌丸(かつら うたまる/1936年8月14日-/男性)は、神奈川県横浜市出身の落語家。本名は「椎名 巌」(しいな いわお)。落語芸術協会5代目会長。師匠は、5代目古今亭今輔、4代目桂米丸。日本テレビ系演芸番組『笑点』の大喜利メンバーとして親しまれている人物であり、同番組の第1回放送より出演している初期メンバーの1人でもある。元々は新作落語を中心に活動していたものの、しだいに古典落語に重点を置くようになり、廃れた演目の発掘や三遊亭圓朝作品などを手掛けている。1989年に文化庁芸術祭賞、2005年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2007年には旭日小綬章を授章した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

著書

主な著書に『歌丸極上人生/祥伝社』『座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生/小学館』『恩返し 不死鳥ひとり語り/中央公論新社』『極上歌丸ばなし/うなぎ書房』などがある。

桂歌丸の名言集

楽になるのは
目をつぶる時でいい。

苦労するから
最期は楽に目をつぶれる。

楽だけしたって
いいことなんて
ありませんから。

噺家人生を振り返ると
山あり谷あり
よくここまで来たなぁ
と思います。

最近になって
やっと平地に足が着いて
歩いている感覚があります。

芸が少しうまくなったら
そこはキープしなければ
いけない。

そしてまた上がって
またキープ。
落ちてしまったらいけない。

いかに平地を増やして
登り続けるかが大事なんだと
思います。

あたしは自分の弟子に
「勉強しろ」とは言いません。

弟子だって
真打ちになったら
一本立ち。

自分で責任をもって
がんばっていくしかない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る