カール・ポパーの名言

カール・ポパーのプロフィール

カール・ポパー

カール・ライムント・ポパー(Sir Karl Raimund Popper/1902年7月28日-1994年9月17日/男性)は、イギリスの哲学者(出身はオーストリア=ハンガリー帝国ウィーン)。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授などを歴任した人物であり、科学哲学や社会哲学、政治哲学について提唱を行ったことで著名。特に科学的言説には反証可能性(仮説が間違っていることが証明される可能性)が必要条件であること提唱したことやオープン・ソサエティ(開かれた社会)についての思想も広く知られている。また後世の哲学者たちへの影響も大きく、ラカトシュやワトキンス、ファイヤアーベントなど多くの哲学者に影響を与えたほか、投資家のジョージ・ソロスなども大きな影響を受けている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(邦訳書)に『科学的発見の論理/恒星社厚生閣』『歴史主義の貧困/中央公論社』『開かれた社会とその敵/未來社』『開かれた宇宙 非決定論の擁護/岩波書店』『実在論と科学の目的/岩波書店』『推測と反駁 科学的知識の発展/法政大学出版局』『果てしなき探求 知的自伝/岩波書店』『客観的知識 進化論的アプローチ/木鐸社』『よりよき世界を求めて/未來社』『確定性の世界/信山社出版』『フレームワークの神話 科学と合理性の擁護/未來社』などがある。

カール・ポパーの名言集

空を飛ぶことを
可能にしたのは

空を飛ぶことを
夢見たからである。

物事は不確実で
人間は必ず間違う。

だからその間違いを認めて
それを常に修正していくことが
必要なんだ。

人生の意味とは
見つけたり発見できるような
どこかに隠された
ものではない。

それは自分自身で
自分の人生に
意味を与えなくちゃならない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る