松本えつを の名言

松本えつをのプロフィール

松本えつを Girls, Be

松本えつを(まつもと えつを/1975年6月2日-/女性)は、東京都出身の絵本作家エッセイストイラストレーター、出版プロデューサー。日本大学藝術学部写真学科を卒業後、編集プロダクションなどを経て1998年にサンクチュアリ出版に入社。2000年に「HAPPY10倍プロジェクト」を立ち上げ、「読んだら10倍HAPPYになる本」をテーマに数々の女性向け書籍を発表。同社取締役副社長を経てフリーランスとなり、作家業のほか出版企画プロデューサーやエディトリアルデザイナーとして活躍している。また、2009年には絵本の学校「東京クリエイターアカデミー」(後にウーマンクリエイターズカレッジに改名)を設立し、講師として女性クリエイター育成にあたっている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(共著・共作含む)に『OMOIYARIのえほん 世界を幸せにする魔法/ミライカナイブックス(著:藤田恵美/絵:松本えつを)』『Girls,Be… 女子がくじけないための小さなバイブル/PHP研究所』『おめでとう、1歳。0→1 1歳になるママから、1歳になるあなたへ/大和出版』『バンザイ/サンクチュアリパプリッシング』『空とぶ化学者シリーズ/空とぶ笑顔プロジェクト(原作:石川雅仁)』『らんまるonly one/ポプラ社(写真:阿部章仁)』『ぼさぼさ/サンクチュアリパプリッシング』『しゃらしゃらdays 君は、どんな音をたてながら過ごしてる?/サンクチュアリパプリッシング』『へこみさん わたしがわたしになるまでの、ちいさなしあわせ物語/大和出版』などがある。

松本えつをの名言集

大切なのは
今日、泣かないで
いることではなく

明日、必ず
笑顔になること。

たとえ
人が気付かないとしても

ひそかに進んだ
1ミリの距離に

自信を持って
バンザイ。

言ってないなら
逃げてもよし。
でも言ったらやる。

「過去の結果」としての
今日ではなく

「未来の素材」としての
今日がある。

大切なのは
早く夢を叶える器用さより
長く夢を追い続ける勇気。

中途半端に悩んで
中途半端に生きていた。
失敗もせず、成功もせず。

今さらだけど
決着をつけよう。

半端なく悩んで
半端なく生きる。

半端なく
どちらかに転ぶんだろうけど

そしたら半端なく
バンザイ。

わたしのマラソンコースは
あと42.194キロ残っている。

まだまだだけど…。
これからだけど。

まだまだだから。
これからだから。

どんなマラソンにするか
全部今から、決められる…。

何も持っていないということは
すべてのものをつかめる
可能性を持っているということ。

何もわからない未来は
すべての可能性を
持っているということ。

恋にやぶれて
泣いたとしても

自分の中のハートを
無視せず、動いた勇気に
バンザイ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る