稲野和利の名言

稲野和利のプロフィール

投資信託ビジネスのすべて 稲野和利

稲野和利(いなの かずとし/1953年-/男性)は、神奈川県出身の実業家。野村ホールディングスの副社長や野村アセットマネジメントの社長・会長などを務めた人物であり、2013年からは日本証券業協会会長を務める。1976年東京大学法学部を卒業後、野村証券に入社。資本市場部、総合企画室、営業企画部長、人事部長などを経て、1997年取締役に就任。2001年からは野村ホールディングスの取締役も兼ねるようになり、2002年に野村アセットマネジメントの社長に就任。翌年に野村ホールディングスの副社長に就任した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

書籍

主な書籍(訳書等)に『投資信託ビジネスのすべて/東洋経済新報社(著:リー・グレミリオン/監訳:稲野和利)』などがある。

稲野和利の名言集

経営者の役割とは
英知の限りを尽くして

不確実な未来に向かって
不確実な選択を
繰り返していくこと。

評価というものは
最終的には第三者

大げさに言えば
歴史の審判に
委ねるべきものであって

そこで結果論も含めて
どのような総括がなされようとも
自身に抗弁権はない。

だから何事においても
いま自分にできる
ベストを尽くしたと
“信じる”ほかないのだ。

誰しも若い時には
体力に任せて
がむしゃらに働くことで

大きな仕事を成し遂げる
という方法が
成り立つとしても

四十代、五十代になっても
同じやり方を続けていては
やがて行き詰まってしまう。

やはり人間は
年齢や置かれた立場に応じて
身につけるべき課題を認識し

絶えず学び
何歳になっても
進歩・成長していける
努力をしなくてはならない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る