陶芸家の名言 一覧

陶芸とは?

陶芸

陶芸(とうげい/Pottery)とは、粘土を成形したものを高温で焼成し陶磁器などの制作を行うことであり、日本では釉薬(ゆうやく、うわぐすり/表面にかける薬品)を使用するかどうかで土器(せっ器)と陶磁器に大別される。この区分については国や地域、文化によってばらつきがある。造形方法は手びねり、型を用いた製作、轆轤(ろくろ)を用い回しながら制作する方法などが一般的。焼き方には様々な種類があり、土の種類やこね方などによって窯で焼く温度を調節するほか、窯を用いない「野焼き」や七輪を用いた「七輪陶芸」など多彩な焼き方が各国に存在している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

陶芸家 一覧

あ行

岡本 太郎(おかもと たろう)
ジャンルを問わず多彩な芸術作品を残した芸術家

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る