Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
浅野温子の名言 | 地球の名言

浅野温子の名言

浅野温子のプロフィール

浅野温子
作品一覧

浅野温子(あさの あつこ/1961年3月4日-)は、東京都出身の女優。結婚後の本名は「魚住 温子(うおずみ あつこ)」。10代からモデルとして活動した後、1977年のTBSテレビ小説『文子とはつ』のオーディションに合格し、女優デビュー。1980年代から1990年代にかけて『スローなブギにしてくれ』『あぶない刑事』『パパはニュースキャスター』『抱きしめたい!』『101回目のプロポーズ』などで人気を博し、トレンディ女優としての地位を確立。また2003年頃より、『古事記』を題材にした「よみ語り」を開始し、一人語りの舞台を日本各地の神社で開催している。(参考文献:朝日新聞どらく+ウィキペディア+楽天ブックス)

出演作品

主な出演作品(映画・ドラマ)に「スローなブギにしてくれ/1981年」「あぶない刑事シリーズ/1986年-」「パパはニュースキャスターシリーズ/1987年-」「抱きしめたい!シリーズ/1988年-」「ママハハ・ブギ/1989年」「世界で一番君が好き!/1990年」「ママってきれい!?/1991年」「101回目のプロポーズ/1991年」「サザエさんシリーズ/1992年」「素晴らしきかな人生/1993年」「グッドモーニング/1994年」「平成夫婦茶碗シリーズ/2000年-」「救急救命士・牧田さおりシリーズ/2002年-」「刑事調査官 玉坂みやこシリーズ/2003年-」「昨日の友は今日の敵?/2004年」「フリーター、家を買う。/2010年」などがある。

浅野温子の名言集

映像は間違えるとカットがかかるので、
最初からやり直せます。

ところが舞台は、
失敗しても後戻りはできない。

何があろうと
やり通さなくてはいけない。

(仕事の原動力を尋ねられて)

「悔しさ」だと思う。
きれいごとではなく、
ただ悔しいから。

常に結果を出したい
と思っている自分がいるんです。

以前は、自分の役のことだけ考えて
精いっぱい演じることが
大切だと思っていました。

でも、「よみ語り」で
何人もの登場人物を演じ分けたり、
一人語りとは言え、
絶対に一人ではできないと
身をもって知ったことで、
作品を客観的に見るようになったんです。

だから、ドラマでも全体の中で
この役はどういう位置づけなのか
をものすごく考え、

他の役との関係性も考えながら
演じるようになりました。

変に自分のやり方に固執せず、
いろいろな芝居を試すようにもなりました。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る