渡邊剛の名言

渡邊剛のプロフィール

医者になる人に知っておいてほしいこと 渡邊剛

渡邊剛(わたなべ ごう/1958年-/男性)は、東京都出身の心臓外科医医学博士。心臓外科手術において驚異的な成功率を誇ることで知られる医師であり、「天使の手をもつ天才心臓外科医」「心臓外科のブラック・ジャック」などと称される人物。金沢大学医学部を経て、ドイツのハノーファー医科大学で「心臓外科医の父」とよばれる名医ボルスト教授のもとで学び、2年半の臨床留学中に2000件にわたる心臓手術を経験。帰国後は、日本人最年少(当時)の心臓移植執刀医として活躍するようになり、人工肺を使わない「オフポンプ手術」や麻酔を全身ではなく局所麻酔下での「アウェイク手術」、傷が小さい「小切開手術」、外科手術用ロボットを用いた手術など日本で初めての手術を次々に成功させた。金沢大学心肺総合外科教授、東京医科大学心臓外科教授などを経て、2014年にニューハート・ワタナベ国際病院を開設、総長に就任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『医者になる人に知っておいてほしいこと/PHP研究所』などがある。

渡邊剛の名言集

技術というのは
人種や年齢、
キャリアに関係ない。

上手い人は尊敬されるし
下手な人間は馬鹿にされる
厳しくもシンプルな世界です。

プロは自分のことを
人間だと思っていない。

技術者として
自分の手は機械なんだ
と思い込まないと

僕はプロじゃない
と思いますね。

つまり、絶対に
ミスなんかしない。

自分の手を人間と思わず
徹底して
精密な機械になりきる。

リハーサルはない。
ベストを尽くすチャンスは
一度しかない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る