浪花少年探偵団の名言

浪花少年探偵団とは?

浪花少年探偵団

浪花少年探偵団(なにわしょうねんたんていだん)は、東野圭吾による推理小説。下町育ちで好奇心旺盛な新人教師「竹内しのぶ」が周囲で起こる事件に首をつっこんでいく物語。第一作目『浪花少年探偵団』は1986年から1988年にかけて『小説現代』(臨時増刊含む)で不定期連載された作品(1988年に単行本化)であり、1990年から1992年にかけての『小説現代』連載分が『浪花少年探偵団2』(改題:『しのぶセンセにさよなら』)として1993年に発表された。続編と併せ『浪花少年探偵団シリーズ』や『しのぶセンセシリーズ』と呼ばれている。2000年(主演:山田まりや/NHK版)と2012年に(主演:多部未華子/TBS版)にドラマ化されたほか、沖本秀子による漫画版も発表されている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

キャスト(2012年・TBS版)

主なキャスト(括弧内は役名)に『多部未華子(竹内 しのぶ)』『小池徹平(新藤 修平)』『山本耕史(本間 義彦)』『木村文乃(榛名 美佳)』『前田航基(原田 郁夫)』『濱田龍臣(田中 鉄平)』『前田旺志郎(原田 修)』『高橋晃(畑中 弘)』『八木優希(土屋 芙美)』『浜辺美波(朝倉 奈々)』『斉藤由貴(原田 日出子)』『温水洋一(原田 昌夫)』『段田安則(漆崎 進)』『小日向文世(中田 幸夫)』『松坂慶子(竹内 妙子)』など。

浪花少年探偵団の名言集(2012年・TBS版)

理想を持たねば
やっていけませんが

現実をふまえなければ
いつか無理が来る。

(by 中田 幸夫/教頭先生)

人間いいところもあれば
わるいところもある。

わるいところもあれば
いいところも。

(by 中田 幸夫/教頭先生)

誰でも失敗はする。
長い目で見てやってください。

(by 米岡 伸治)

人はな一生懸命、
真面目に働かんとあかんのや

もしそれで損しても
嘘ついたり、
悪いことするより幸せや

悪いことしたら
きっと、ここ(ハート)が
気持ち悪くなる。

(by 竹内 しのぶ/しのぶ先生)

人間はな、
損得関係なく
真面目に生きてくのが
一番なんや

(by 竹内 しのぶ/しのぶ先生)

思いっきりやったらええ
ガラスの一枚や二枚
割るつもりで打たんで
どうするんや

(by 竹内 しのぶ/しのぶ先生)

人間、お腹が減ると
浅ましくなる。

体、清潔にして
ちゃんと食べて
ちゃんと寝て

そんで初めて
ちゃんと物考えたり
人にやさしなれたり

(by 竹内 しのぶ/しのぶ先生)

人生は大人になると
だんだん複雑になって

なんや、ややこしい事も
起きるかわかりません

けど、それを吹き飛ばす強さを
みんなは持ってます。

(by 竹内 しのぶ/しのぶ先生)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る