ウォルター・バジョットの名言

ウォルター・バジョットのプロフィール

ロンバード街 ウォルター・バジョット

ウォルター・バジョット(Walter Bagehot/1826年2月3日-1877年3月24日/男性)は、イギリス・サマセット州(イングランド)出身のジャーナリスト評論家経済学者思想家。25歳の時、パリへの旅行中にルイ・ナポレオン(ナポレオン3世)のクーデターを目撃し、この体験をきっかけにエドマンド・バーク(英国の哲学者・政治家)の保守主義に傾倒するようになる。また、ウォルター・バジョットの代表著書でもある『イギリス憲政論』は、君主制擁護論としてバークの『フランス革命の省察』に次ぐ、政治学の古典としても知られる。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書に『The Works of Walter Bagehot(1889年)』『The Postulates of English Political Economy(1885年)』『Biographical Studies(1881年)』『Economic Studies(1880年)』『Literary Studies(1879年)』『Lombard Street: A description of the money market(1873年)』『Physics and Politics(1872年)』『The English Constitution(1867年)』『Estimates of Some Englishmen and Scotchmen(1858年)』などがある。

ウォルター・バジョットの名言集

人生における大きな喜びは
「君にはできない」と
世間がいうことをやることだ。

人生とは、
確率の学校である。

我々の大きな間違いは
自分にとって快適なことしか
やろうとしないことだ。

頑張ればいくらでも
出来ることが
あったとしてもね。

仕事の本質は、
自分のエネルギーを
そこに注ぎ込むことにある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る