木村皓一の名言

木村皓一のプロフィール

木村皓一

木村 皓一(きむら こういち/1945年-/男性)は、滋賀県彦根市出身の実業家。子供服メーカー「ミキハウス」の創業者。関西大学経済学部を中退後、野村證券に入社。その後、父親が経営する婦人服縫製業の「浪速ドレス」に移る。1971年に子供服製造卸会社「三起産業」(後の三起商行)を設立し独立。子供服ブランド「ミキハウス(MIKI HOUSE)」を立ち上げ、国内外で展開。高級子供服ブランドとして高い人気を獲得している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+トランタンネットワーク新聞社+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『ミキハウス・スタイル 惚れて通えば千里も一里/三起商行』などがある。

木村皓一の名言集

努力は嘘をつかない。
結果は必ず出る。

短期的に物事を考えるな。
無理に売り上げを
追ったらいかん。

やっぱり人間、
夢、志を忘れたらいけません。

それをどういう状況に
直面したとしても
絶対に曲げることなく
楽しんでいく。

それを苦労と思った瞬間に
負けやと僕は思ってます。

志を貫いていくうちに
道は開け、夢はつかめる。

人生、慌てることはない。
荷造りからやれ。

(父に言われた言葉)

世の中すべて、
人との出会いが基本。

人生、
やってみなければ
わからない。

やる前から諦めていては
何も叶わない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る