Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
長谷部誠の名言 | 地球の名言

長谷部誠の名言

長谷部誠のプロフィール

長谷部誠

長谷部誠(はせべ まこと/1984年1月18日-/男性)は、静岡県藤枝市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー(またはディフェンダー)。静岡県の名門藤枝東高校出身であり、学生時代はそれほど目立った選手ではなかったが県選抜でのプレーを見た浦和レッズからスカウトされ、2002年に入団。トップ下やボランチとして活躍し、日本代表にも選出される活躍を見せる。2008年にドイツリーグ「ブンデスリーガ」のVfLヴォルフスブルクに移籍。ボランチに加え、サイドハーフや右サイドバック(ディフェンダー)でもプレーし、クラブのドイツ国内主要大会初優勝に貢献。その後、同じドイツリーグのニュルンベルク(2013-2014)を経てフランクフルト(2014-)に移籍。日本代表ではキャプテンも務め、中盤での攻守に加え、最終ラインに入ることもできるユーティリティプレイヤーとして活躍を見せた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書に『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣/幻冬舎』などがある。

長谷部誠の名言集

腕まくりをして
汗を流している
おじさんを見ると
僕は何だかすごく熱くなる。

きっと早朝から
家族のためを思って
頑張っているんだろうな。

お母さんが小さい子どもを
自転車に乗せて一生懸命
こいでいる姿も好きだ。

僕が気がつかないだけで
日々の生活は
頑張っている人々の姿で
あふれているのだと思う。

日頃から整理整頓を
心がけていれば、

それが生活や仕事に
規律や秩序をもたらす。

僕は愚痴を
言わないようにしている。

愚痴というのは
一時的な感情の
はけ口になって

ストレス解消になるのかも
しれないけれど

あまりに安易な解決策だ。

何も生み出さないし
まわりで聞いている人の
気分もよくない。

愚痴で憂さ晴らしをするのは
自分の問題点と
向き合うことから
逃げるのと同じ。

負の言葉はすべて
現状をとらえる力を
鈍らせてしまい

自分で自分の心を
乱してしまう。

心を正しく整えるためにも
愚痴は必要ない。

人生は一度しかないんだよ。
男なら思いきって
挑戦するべきではないのか。

遠慮する
必要なんてない。

言うべきことは
言うべき。
それが僕の考えだ。

挑戦は自分を
進化させてくれる。

さぼっていたら
運なんて来るわけがない。

普段から
やるべきことに取り組み
万全の準備をしていれば
運が巡ってきたときに
つかむことができる。

僕は「ツイていたね」とか
「運がよかったね」と
言われるのが嫌いだ。

ギリギリのところで
運が味方してくれるのは
それにふさわしい準備を
僕がしていたはずだから。

逆に「運が悪かった」
とも思わない。

結果が悪かったときには
「運」を味方につける努力が
足りなかったのだ。

自分で自分に
けじめをつけなければ
ならない。

息抜きも度が過ぎたら
時間の浪費だ。

「自分だけは大丈夫」
そこに明確な根拠は
何もない。

考えも、正解も
変化していくものだ。

挑戦し続け
その場その場で
全力でもがき続けると
人間は変われる。

ちょっと背伸びをしたら
向こう側が見えてしまうような
壁では物足りない。

背伸びをしても
ジャンプをしても
先が見えないような壁の方が

乗り越えたときに
新たな世界が広がるし
新たな自分が発見できる。

焦りもあるし
葛藤もある。

けれど苦しみがあるからこそ
挑戦は楽しい。

僕は常に「難しい道」を
選び続けられる
人間でありたい。

待っていたら
誰も声なんて
かけてくれない。

自分の未来は
自分の力で
勝ち取るもんだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る