駿河敬次郎の名言

駿河敬次郎のプロフィール

NO-IMAGE

駿河敬次郎(するが けいじろう/1920年-/男性)は、石川県出身の医師。順天堂大学名誉教授、ノアクリニック院長などを務める人物であり、戦後の日本において小児外科の発展に大きな貢献を残した。葛南病院院長、八重州センタークリニック理事長、日本外科系連合学会名誉理事長、日本小児外科学会名誉会員、日本小児泌尿器学会名誉会員などを歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

駿河敬次郎の名言集

どんな苦しいことでも
嫌なことがあっても

必ずそれは
後から考えてみると
役に立ってるんです。

だから細かいことは
気にしないで
ニコニコ笑っているのが
一番いい。

誰も気がつかないような
谷間に咲く百合の花であっても

綺麗に花を咲かせれば
それでいいんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る