山川宗玄の名言

山川宗玄のプロフィール

無門関の教え 山川宗玄

山川宗玄(やまかわ そうげん/1949年-/男性)は、京都府出身の、正眼寺住職。埼玉大学理工学部を卒業後に禅僧への道に進み、白水敬山老師について得度し、正眼僧堂に入門。1994年に正眼寺住職に就任。正眼短期大学学長も務めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『無門関提唱/春秋社』『生きる/春秋社』『無心の一歩をあゆむ/春秋社』『「無門関」の教え アメリカで禅を説く/淡交社』などがある。

山川宗玄の名言集

修行というのは
特段決まった形が
あるのではなく

ここで生きていること
生活していること自体が
修行そのものです。

それを自然に
こなせない限り

もう一歩踏み込んだ世界は
掴めないでしょうね。

それはどの道も
一緒だと思います。

一週間後、一ヶ月後に
どうなっているか
という発想をすること自体が
間違っている。

きょう一日を
精いっぱいやっていくこと

そうして一日一日を
大事に過ごしていけば
必ず積み上がっていく

生きよう生きよう
と肩肘張っている
小さな自分を超えたところに

自分が生かされている存在だ
という紛れもない事実があった。

この地上で
形ある命となった時

それを使い切るまで
生きていける能力が

本当は誰にでも
備えられている。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る