Dr.倫太郎の名言

Dr.倫太郎とは?

Dr.倫太郎

Dr.倫太郎(ドクターりんたろう)は、2015年4月から6月にかけて日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ作品。精神科医「日野倫太郎」を主人公とした物語であり、現代社会の様々な症例を抱える患者とそれに向き合う医師の姿を描いている。原作(原案)は『セラピューティック・ラブ』(著:清心海)。脚本は中園ミホ、相内美生が担当(ストーリーの多くはドラマオリジナル展開となっている)。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+Dr.倫太郎 公式HP+Dr.倫太郎/日本テレビ)

キャスト

主なキャスト(括弧内は役名)に『堺雅人(日野倫太郎)』『蒼井優(夢乃)』『吉瀬美智子(水島百合子)』『内田有紀(桐生薫)』『高梨臨(川上葉子)』『高橋一生(福原大策)』『長塚圭史(宮川貴博)』『松重豊(蓮見榮介)』『真飛聖(矢部街子)』『小日向文世(円能寺 一雄)』『余貴美子(益田 伊久美)』『遠藤憲一(荒木重人)』『酒井若菜(中畑まどか)』『石橋蓮司(池 正行)』『高畑淳子(相澤るり子)』など。

Dr.倫太郎の名言集

この世界は
果てしなく続く荒野だ。

急ぐことはないさ。
疲れたら休むがいい。

(by 倫太郎)

すべての精神疾患は
病ではありません。

心の個性だと
僕は思っています。

(by 倫太郎)

人生とは
後悔するために
過ごすものである。

(by 倫太郎)

傷ついた心を
なんとか守ろうと

人は嘘をつき、虚勢を張り、
逃避をします。

それはよくないこと
かもしれません

ですがそれもまた
生きる術なんだと
僕は思います。

(by 倫太郎)

完璧なんてものはない。
満点でなくても
合格点でいい。

(by 倫太郎)

医師として大切なのは
命だけじゃなく
その人の人生を救うこと

(by 蓮見榮介)

自信をなくしたときは
1日ひとつ
自分のいいところを
見つけてください。

そうすれば一月後には
自信満々になれます。

(by 倫太郎)

人見知りは
神様から与えられた
素晴らしい才能だ。

自分がこう言ったら
相手はこう思うだろう

そんな風に相手のことを
一番に考えてあげられる
素晴らしい才能です。

(by 倫太郎)

楽しい記憶も
苦しい記憶も

全部ふくめて
あなたなんです。

(by 倫太郎)

あなたはそのままで
十分、愛される
価値のある人です。

(by 倫太郎)

※「私の好きなコメディアンはこう言っています・・」に続く倫太郎のセリフは(by 倫太郎)表記にしてあります。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る