寺田一清の名言

寺田一清のプロフィール

寺田一清

寺田一清(てらだ いっせい/1927年-/男性)は、大阪府出身の著述家。東亜外事専門学校を病気のため中退後、家業の呉服商に従事。教育者「森信三師」に師事し、著作の編集発行を担当した。不尽叢書刊行会代表、「実践人の家」常務理事などを歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書(編著含む)に『森信三の生き方信條 数学と実践の記録/致知出版社』『西郷南洲のことば/登龍館,明徳出版社』『森信三小伝/致知出版社』『人は終生の師をもつべし/広池学園出版部』『森信三先生随聞記/致知出版社』『森信三先生の教えに学ぶ 次代を担う若い人たちへ/致知出版社』『二宮尊徳のことば/登龍館,明徳出版社』『石田梅岩のことば/登龍館,明徳出版社』『二宮尊徳一日一言 心を耕し、生を拓く/致知出版社』『森信三・魂の言葉 二度とない人生を生き抜くための365話/PHP研究所』『人倫の道 西晋一郎語録/致知出版社』『石田梅岩に学ぶ 日常凡事に心を尽くす/致知出版社』『鍵山秀三郎語録 続けると身につく/致知出版社』などがある。

寺田一清の名言集

多くの人は
学校を出た途端に
読書をしなくなるけれども

そういう人はいよいよ
これからが働き盛りという頃に
油が切れてダメになる。

三度三度の食事を
欠かさないのと同様に

必ず毎日
多少の読書をしなければ
その人は退歩する。

八十点級の
出来栄えでよいから
絶対に期日に遅れるな。

そのためにも即今着手、
一気呵成に処理せよ。

今日なすべきことを
明日に延ばすな。

※一気呵成(いっきかせい)
一気に物事を完成させること

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る