Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
三浦修吾の名言 | 地球の名言

三浦修吾の名言

三浦修吾のプロフィール

三浦修吾

三浦修吾(みうら しゅうご/1875年-1920年/男性)は、福岡県浮羽郡出身の教育者。東京高等師範・英語科を卒業後、鹿児島師範で教鞭をとる。後に姫路師範へ移るが在職約2年で結核により退職。療養生活中は執筆活動などに精を出し、成蹊学園の機関誌『新時代』の編集主任なども務めた。また『学校教師論』の著者としても著名であり、同書は戦前に東京府青山師範学校などの教育学の教科書に使われていた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『学校教師論/1916年』『第二里を行く人/1919年』『生命の教育/1926年』などがある。

三浦修吾の名言集

教育というものは
その時だけのものではなく

将来発芽するための
タネまきをしないと
薄っぺらなものになる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る