加藤秀視の名言

加藤秀視のプロフィール

加藤秀視

加藤秀視(かとう しゅうし/1976年10月6日-/男性)は、創栄Groupの代表取締役を務める実業家。栃木県生まれ。多額の借金を抱えた貧しい家庭に生まれ、父親の虐待や両親の離婚を経て養護施設で育つ。やがて暴走族に入るなど不良時代を過ごした。しかし不良仲間が殺人・傷害事件を起こし服役したの機に痛めるようになり、犯罪行為から足を洗い社会復帰を決意。暴走族仲間たちと共に新明建設を設立し、かつて不良だった者を広く採用。しだいに事業を拡大していき、公共事業を受注できるまでに成長を果たす。また総合的な人財育成のコンサルタント、モチベーターとしても活躍しており、講演活動、セミナー開催、社員研修、執筆活動などを精力的に行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『本気で人生を変えたい人のための 自分を愛する技術/徳間書店』『ONE 1つになるということ/徳間書店』『だから、自分をあきらめるな! 4年間で231人を更生させた元暴走族社長からのメッセージ/ダイヤモンド社』『「親のようにならない」が夢だった 裏社会から這い上がった経営者の人生大逆転物語/ダイヤモンド社』『2年目の3.11南三陸町からの手紙/栄久堂,JRC』『3年目の3.11 南三陸町からの手紙/栄久堂,JRC』『4年目の3.11 南三陸町からの手紙/栄久堂,JRC』『今すぐフォロワーはやめなさい!/経済界』などがある。

加藤秀視の名言集

自分自身と向き合って
自分のすべてを
受け入れることです。

長所だけでなく
短所も全部ひっくるめて

「自分は唯一無二の
価値ある存在だ」と
心から思えること。

自分の価値に
心から気づいてこそ
本当の使命や役割に
気づくようになる。

僕は教育に関しては
基本的に親の責任だと
思っている人間です。

だって子供には
選択肢がないわけでしょう。

人間は深い部分で
繋がらないと

言葉だけでは
絶対に変わりません。

本当にやりたいことを
ワクワクしながらやる以外に

無限の可能性は
発揮できません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る