ブリジット・ジョーンズの日記の名言

ブリジット・ジョーンズの日記とは?

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記(Bridget Jones’s Diary)は、イギリスの女流作家ヘレン・フィールディングによる小説作品および同作を原作とした映画作品。若干ぽっちゃり体形の30代独身女性「ブリジット」を主人公としたロマンティック・コメディ物語。原作小説は1996年に出版され、世界中でベストセラーを記録。続編となる『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(Bridget Jones: The Edge of Reason)が1999年に発表された。2001年に映画化(2004年に続編も映画化)。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

キャスト

主なキャスト(括弧内は役名)に『レネー・ゼルウィガー(ブリジット・ジョーンズ)』『ヒュー・グラント(ダニエル・クリーバー)』『コリン・ファース(マーク・ダーシー)』『ジム・ブロードベント(ブリジットの父親)』『ジェマ・ジョーンズ(ブリジットの母親)』『ジャシンダ・バレット(レベッカ)』『サリー・フィリップス(シャザー)』『シャーリー・ヘンダーソン(ジュード)』『ジェームズ・キャリス(トム)』『ジェシカ・スティーヴンソン(ロビン)』『ニール・ピアソン(リチャード・フィンチ)』など。

ブリジット・ジョーンズの日記の名言集

絶望から這い上がろう
このままだと
溺れ死んでしまう

(by ブリジット・ジョーンズ)

誰だって
人生いやな時があるわ

この一年間
私の人生は最悪だった

論理的に言えば
そろそろ脱出できるはず

(by ブリジット・ジョーンズ)

真の幸せを
手に入れることは
不可能じゃない。

たとえ特大の
お尻だったとしてもね。

(by ブリジット・ジョーンズ)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る