松井玲子の名言

村井玲子のプロフィール

NO-IMAGE

村井 玲子(むらい れいこ/女性)は、被害者支援都民センター自助グループメンバーの一人。当時十八歳であった息子を殺害された自身の体験をもとに被害者のサポートのほか、講演活動などを行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+被害者支援都民センター+月刊致知/致知出版社)

村井玲子の名言集

人は大変な
出来事に遭遇した時

もう駄目だと思って
静止してしまうか

エネルギッシュに
走り続けるのか
そのどちらか一つ。

困難な時、
知恵を使って考えれば

必ず抜け出せる道は
あるものなんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る