Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
小路幸也の名言 | 地球の名言

小路幸也の名言

小路幸也のプロフィール

東京バンドワゴン 小路幸也

小路幸也(しょうじ ゆきや/1961年4月17日-/男性)は、北海道旭川市出身の小説家。ミュージシャンを志し音楽活動を行うが、24歳のときにひと区切りをつけ広告制作会社に就職。ライターやエディター、プランナーなどを行いながら小説を制作するようになり、しだいに作家を志すようになる。広告制作会社を退社後は、ゲームシナリオの執筆や専門学校でのゲームシナリオ講師の傍ら小説の執筆を行い、2002年に「空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction」で第29回メフィスト賞を受賞し作家デビュー。独特の包み込むような優しい感性で描く作風で評価を獲得しており、青春・家族小説からミステリー、SFまで幅広いジャンルの作品を手掛ける。2006年より発表している連作短編推理小説「東京バンドワゴン」シリーズはベストセラーを記録している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

著書

主な著書に『東京バンドワゴンシリーズ/集英社』『pulp-town fictionシリーズ/講談社』『HEARTシリーズ/東京創元社ミステリ・フロンティア』『ダイ・シリーズ/実業之日本社』『探偵ザンティピーシリーズ/幻冬舎文庫』『ピースメーカーシリーズ/ポプラ社』『花咲小路シリーズ/ポプラ社』『スタンダップダブル!シリーズ/角川春樹事務所』『旅者の歌シリーズ/幻冬舎』『札幌アンダーソングシリーズ/角川書店』『東京公園/新潮社』など多数。

小路幸也の名言集

人間は毎日朝起きて
真面目にこつこつ働くか

もしくは将来のために
勉強をして
ご飯を食べて寝る。
そしてまた朝起きる。

そういう地道な毎日を
きちんとこなして

合間合間に自分の
楽しみの時間を持って
心と身体を休めて

そして明日に向かって
生きていく。

いいことなんか
待っていても
来るはずがないし

転がっている
はずもない。

身体が健康なら
何とかなる。

(父の言葉)

不幸な出来事は
傷つき残りますが

幸せはそっと
寄り添うように
やってきます。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る