ペスタロッチの名言

ペスタロッチのプロフィール

ペスタロッチ

ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチ(Johann Heinrich Pestalozzi/1746年1月12日-1827年2月17日/男性)は、スイスの教育者教育学者。「ペスタロッチー」とも表記される。フランス革命後の混乱の中、スイスの片田舎で孤児や貧民の子などの教育に従事した人物であり、初等教育の基礎を築き上げたことで知られる。ペスタロッチの教育思想は後の教育者たちにも大きな影響を与えており、特にフレーベル(Froebel/幼児教育の祖)はペスタロッチの初等教育思想を幼児教育に応用させ、ヘルバルト(Herbart/教育学の権威)は教育学へとそれを発展・整理した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作に『リーンハルトとゲルトルート/1781-1787年』『隠者の夕暮/1780年』『クリストフとエルゼ/1782年』『立法と嬰児殺し/1783年』『然りか否か/1793年』『人類の発展の歩みについての私の探究/1797年』『寓話/1797年』『ゲルトルートはいかにその子らを教えるか/1801年』『我々の時代と私の祖国の無垢と真面目さと高貴さについて/1815年』『白鳥の歌/1825年』まどがある。

ペスタロッチの名言集

常に神を愛し
神に感謝し
神を信頼し

神に従うところまで
自己を向上する前に

まず人間を愛し
人間に感謝し
人間を信頼し

人間に従うところの
自己を養わなければ
ならない。

太陽には
太陽の輝きがあり

月には月の
そして星々には
星々の明るさがある。

人間の最大の
勝利とは何か。

それは自己に対する
勝利である。

家庭よ、
汝は道徳の学校である。

人間は毎日の労働の中に
自身の世界観の基礎を
築いていかないといけない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る