祖父江佳乃の名言

祖父江佳乃のプロフィール

祖父江佳乃

祖父江佳乃(そぶえ よしの/1967年-/女性)は、説法師としても活躍する有隣寺の住職。祖父は説法師として人気を誇った祖父江省念(そぶえ しょうねん/1905年-1996年)。愛知淑徳大学文学部国文学科を卒業後、約2年間ラジオ局アナウンサーとして勤務。2008年に父が急逝し、有隣寺の代務住職となり、2011年に住職となる。また昭和の名人と謳われた祖父のようになるべく、説法師として全国各地を飛び回っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

著作

主な著作に『よみがえる節談説教 祖父江佳乃/方丈堂出版(映像作品)』などがある。

祖父江佳乃の名言集

桜がひとつ
花をつけただけで

寒くて厳しい冬を
乗り越えた
人間の心が明るくなる。

(祖父の言葉)

その時々で
身に起こることは、
なんらかの意味があります。

悲しいことや辛いこと
怒りの真っ只中にいると
なかなかその意味には
気づけないでしょう。

今までの人生を
振り返ってみると

その時はしんどいと
思っていた出来事が

人生の転機に
なっているということが
案外あるのでは
ないでしょうか。

その時にできることを
懸命にやってみましょう。

今まで気づかなかった
“いいこと”が
見えてくるかもしれません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る