森次晃嗣の名言

森次晃嗣のプロフィール

森次晃嗣

森次晃嗣(もりつぐ こうじ/1943年3月15日-/男性)は、北海道滝川市出身の俳優。本名は「森次浩三」(-こうぞう)。高校卒業後に上京し、俳優を目指しながらアルバイトやモデル活動を行う。1965年にテレビドラマ『青春をぶっつけろ』でデビューを果たし、1967年に『ウルトラセブン』の主役モロボシ・ダン役で広く知られるようになる。その後は、映画やテレビを中心に数々の作品に出演した。また、カフェレストラン「JOLI CHAPEAU (ジョリー・シャポー)」の経営も行っており、同店ではジャズ・シャンソンライブのほか、ウルトラ関連のファンミーティングなども開催している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

出演作品

主な出演作品(テレビドラマ)に『青春をぶっつけろ!/1965年』『ウルトラセブン/1967年-1968年』『天と地と(大河ドラマ)/1969年』『三百六十五夜(愛の劇場)/1969年』『美しきチャレンジャー/1971年』『花神(大河ドラマ)/1977年』『草燃える(大河ドラマ)/1979年』『徳川家康(大河ドラマ)/1983年』『太平記(大河ドラマ)/1991年』『春よ、来い(連続テレビ小説)/1995年』『聞かせてよ愛の言葉を(愛の劇場)/2005年』『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-/2010年』『匿名探偵/2012年』など多数。

森次晃嗣の名言集

運を引き寄せたのは
私がいつも「一所懸命」
だったからだと思います。

「一生」懸命ではありません。
「一所」懸命です。

一生、ずっと懸命に
生きていたら
疲れてしまいます。

でも「一所」懸命なら
私にもできます。

ここぞというとき、
今持っているものを
全部出す。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る