オスカー・ワイルドの名言 第2集

オスカー・ワイルドの名言2

オスカー・ワイルド

ヴィクトリア朝時代を代表するイギリス文学作家「オスカー・ワイルド」の名言 第2集です。

オスカー・ワイルドの名言集

人がありのままの姿で語る時
その本音とは
遥か遠いところにいる。

仮面を与えよ、
人は真実を語るだろう。

偉大な芸術家は
物事をありのままには
決して見ない。

それをしてしまえば、
もはや芸術家でない。

誘惑を取り除く
唯一の方法は、

それに屈して
しまうことである。

現代は労働過剰で
教育不足の時代だ。

人々は勤勉になるあまり
完全に知性を失っている。

生きている人は
この世でいちばん稀である。

ほとんどの人は、
存在しているに過ぎない。

人がまったくのバカを
やらかす時はいつでも
とても立派な動機からなのだ。

定義するとは、
限界を作ること。

天国などには
行きたくない。

そこには、私の友人は
誰もいないだろうから。

知らず知らずのうちに
人を傷つけることがない人物
それが「紳士」である。

オスカー・ワイルドの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る