ジュール・シュペルヴィエルの名言

ジュール・シュペルヴィエルのプロフィール

ジュール・ジュール・シュペルヴィエル

ジュール・シュペルヴィエル(Jules Supervielle/1884年1月16日-1960年5月17日/男性)は、幻想的で寓話的な作風で知られるフランスの詩人小説家。生まれはウルグアイ・モンテヴィデオであり、フランスとウルグアイの両方の国籍を持っているが、作品はフランス語で発表を行った。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作に『L’homme De La Pampa(ひとさらい/火山を運ぶ男)』『L’arche de Noe(ノアの箱舟)』『L’enfant de la haute mer(海の上の少女/海に住む少女/沖の少女/沖の小娘)』『Le jeune homme de dimanche(日曜日の青年)』などがある。

ジュール・シュペルヴィエルの名言集

ちっぽけな快楽ほど
人間を小さく
するものはない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る