韓非子(韓非)の名言

韓非子・韓非のプロフィール

韓非子

韓非子(かんぴし/Han Feizi)は、「春秋・戦国時代の思想・社会の集大成」と称される中国の書物(中国古典)。著者は法家の代表的人物として知られる中国戦国時代の政治家思想家「韓非」(かんぴ/紀元前280年頃~紀元前233年)。説話からの教訓という形で、権力の扱い方と保持について説かれた書物であり、全五十五篇、十余万言で構成されている(初見秦篇については韓非のものではないという説もあります)。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

韓非子(韓非)の名言集

父母は、たとえ
戯れであっても、
子を欺いてはいけない。

人を欺いて
言葉巧みに生きる事は、

不器用でも誠実に
生きる事には敵わない。

<原文>

巧詐(こうさ)は、
拙誠(せつせい)に如かず

理にかなった事をすれば
苦労せずとも
目標は達成できる。

しかし、理にかなわぬ事を
やっていれば、
いくら苦労しようとも
事は成就しない。

<原文>

事の理によるときは、
労せずして成る

志を成し遂げることが
困難なのは、

誰かに勝てない
からではない。

自分自身に
勝てないところに、
すべての原因がある。

<原文>

志の難きは、
人に勝つに在らずして
自らに勝つに在り

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る