フランシス・ベーコンの名言

フランシス・ベーコンのプロフィール

フランシス・ベーコン

フランシス・ベーコン(Francis Bacon/1561年1月22日-1626年4月9日/男性)は、イングランド近世(ルネサンス期)に活躍したイギリスの哲学者神学者法学者。「知識は力なり」(Ipsa scientia potestas est)という言葉で著名な人物。学問の壮大な体系化を構想していたことでも知られ、この構想はフランス百科全書派に引き継がれている。また、ベーコンはフランスの哲学者「ヴォルテール」によって「経験哲学の祖」とも称されている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(邦訳書)に『ベーコン随想集/原著1597年』『学問の進歩/原著1605年』『ノヴム・オルガヌム―新機関/原著1620年』『ニュー・アトランティス/原著1626年』などがある。

フランシス・ベーコンの名言集

人は、読んで豊かに
話して賢く
書いて確かになる。

友人がいなければ
世界は荒野にすぎない。

すべてのものが
変化するのは明らかだが

実際には
消え失せるのではない。

物質の総量は
つねに同じだ。

人の天性は
良草を生ずるか
雑草を生ずるか
そのいずれかである。

だから、折を見て
良草に水をやり、
雑草を抜かねばならない。

順境における美徳は
「節度」。

逆境における美徳は
「忍耐」。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る