中谷健太郎の名言

中谷健太郎のプロフィール

中谷健太郎

中谷健太郎(なかや けんたろう/1934年-/男性)は、大分県出身の実業家。由布院のまちづくりに貢献し、由布院温泉を国内有数の温泉地に育てたことで知られる人物であり、由布院温泉を代表する旅館「亀の井別荘」の経営を長年に渡り行ってきた。明治大学卒業後に東宝撮影所に入社し、映画人としての道を進んでいたが父の急逝により帰郷し実家の旅館「亀の井別荘」を継ぐ。当時はまだ奥別府と呼ばれマイナーな温泉地であった由布院において、地域づくりに尽力し、ゆふいん音楽祭や由布院映画祭などの開催、郷土料理の開発などを行い、日本を代表する温泉保養地に導いた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『たすきがけの湯布院/ふきのとう書房,星雲社』『由布院に吹く風/岩波書店』『毛づくろいする鳥たちのように/集英社(辰巳芳子との共著)』『湯布院発、にっぽん村へ/ふきのとう書房,星雲社』『湯布院幻燈譜/海鳥社』などがある。

中谷健太郎の名言集

組織には「完成形」
というものはなくて

新しく変身し続けなければ
時代の流れに取り残されて
衰退します。

だけど新しいものを
取り入れたら間違いなくいい
ってものでもない。

温泉保養地として大切なのは
個々のホテルではなく、
町の環境である。

町にとって最も大切なのは
緑の空間とそして静けさだ。

その大切なものを創り、
育て、守るために

君たちはどれだけ
努力をしているんだ?

(ドイツの温泉地に勉強しに行った際にとあるホテルオーナーに言われた言葉)

学んで感動して
それがなんだ?

実践しなければ
意味がない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る